ランサムウェアがロボットをハッキングして人間に危害!?…米セキュリティ会社が警鐘

ランサムウェアがロボットをハッキングして人間に危害!?…米セキュリティ会社が警鐘


Posted date:2017.03.07


photo by Steve Jurvetson(via flickr)


 サービスロボット、新しいタイプの産業用ロボット、またコミュニケーションロボット(ソーシャルロボット)など各種ロボットがハッカーに乗っ取られ、人間に危害を加える可能性があるとの警告が発せられている。

 米メディアは、サイバーセキュリティ企業「IOアクティブラボ(IOActive Labs)」の主張を紹介。ロボットがハッカーに掌握され所有者を監視したり、企業機密を盗むことはもちろん、アームや足を動かし主人を攻撃する危険性があるとした。

 IOアクティブラボは、ソフトバンクのヒューマノイドロボット・ペッパー、リシンクロボティクスの産業用ロボット・バクスターを含む約50種のロボットに、サイバーセキュリティテストを実施。ハッキングのリスクが発見されたとしている。

 その主な内容としては、ロボットを制御するOS(オペレーティング・システム)とモバイルアプリ、関連ソフトウェアを点検した結果、相当数がユーザー名やパスワード認証の手続きを設定しておらず、第三者によるリモート操縦が可能で、データ保護装置も脆弱だいうことだ。

 IOアクティブラボのCTO、チェザレ・セリュード(Cesar Cerrudo)氏は、ロボットが家庭や企業に普及しはじめたことにより、ハッカーが攻撃する動機が大きくなっていると指摘。特に比較的広い空間を移動して大量の電力を使用するロボットは、非常に危険な動作をさせられる可能性が高いと述べている。つまり、人間に物理的な危害を加えたり、工場の稼働を麻痺させるのに利用される可能性があるというものだ。

1 2

参照
ft.com
dailymail