人工知能の注目トレンド「GAN:敵対的生成ネットワーク」とは

人工知能の注目トレンド「GAN:敵対的生成ネットワーク」とは

Written by Pocca

Posted date:2017.03.08

 このような見解を見せているのは、ウン氏だけではない。多くの専門家が今後、「教師なし学習」が、未来の人工知能を牽引していくだろうと予想している。

 GANの登場は、人工知能が何かを単に調べるだけの作業だけではなく、何かを生みだす、すなわち「生成」の作業にも活用できることを意味する。すなわち、人工知能は答えを与えてもらう受け身な「受動的認識」から、自発的に生み出せる「能動的行動」が可能となったのだ。GANは発表されて2年足らずで、イメージの生成から編集、変換、復元など、すでに様々なアプリケーションでその効果を発揮している。

 今後、GANは、イメージデータだけではなく、音声や自然言語などのデータにも適用される見通し。ゆくゆく、音声生成や編集、音声変換や復元なども可能になるのではないかと注目されている。

1 2 3

外部記事リンク

techm
news-medical.net
dddmag.com