遠隔操縦航空機システムの「GA-ASI」がジャパン・ドローン2017に出展

遠隔操縦航空機システムの「GA-ASI」がジャパン・ドローン2017に出展

Posted date:2017.03.23

photo by GA-ASI HP

 遠隔操縦航空機システム、レーダーなどの製品、ソリューションの大手企業である米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ社(General Atomics Aeronautical Systems, Inc.、以下「GA-ASI」)が、2017 年 3月23日(木)から25 日(土)まで、幕張メッセにおいて開催される「ジャパン・ドローン2017」に出展する。

 同社はジェネラル・アトミクス社(General Atomics)の関連会社であり、世界中の軍事および商業用途向けに、遠隔操縦航空機システム、レーダー、および電子光学と関連ミッションシステムソリューションを通じた状況認識能力を提供している。また同社のエアクラフトシステム事業部は、「Predator」シリーズ、「Predator B/MQ-9 Reaper®」シリーズ、「Gray Eagle」、「Guardian」など、定評ある信頼性の高いRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)システムを設計・製造している。加えて次世代のAdvanced Cockpit GCSを含む、さまざまな超高度なデジタルGround Control Stations(GCS)を開発。RPAの地上業務のためのパイロットのトレーニングとサポートサービスを提供する。

 一方、ミッションシステム事業部は、有人および遠隔操作の両方の航空機のための、「Lynx Multi-mode Radar」と高度なClawセンサー制御および画像分析ソフトウェアの設計、製造、および組み込みを行う。また「Intelligence」、「Surveillance and Reconnaissance(ISR)」、 航空機プラットフォームのための総合的センサーペイロード供給にも注力しており、高エネルギーレーザー、電子光学センサー、およびメタ素材アンテナの開発を行っている。GA-ASI のブースは 国際展示場5ホール 小間番号C11となる。