AIがAIを創る!? Googleが新たなアプローチ「AutoML」を始動

AIがAIを創る!? Googleが新たなアプローチ「AutoML」を始動

Posted date:2017.06.14

 今後、AutoMLが発展すれば、人々は特別な知識がなくともソフトウェアを簡単にオーダーメイドできるようになるかもしれない。例えば、プログラミング言語を全く知らない主婦が、家庭菜園の植物に水や肥料を効果的に与えるアプリをつくりたくなったとしよう。その場合、対象となる植物の種類をコンピュータに入力さえすれば、AutoMLがそれら植物に関する情報を収集し、水と肥料を与える時期を的確に知らせてくれるプログラムを自動的に生み出してくれるなどだ。

 サンダー・ピチャイCEOは、AutoMLの商用化の時期を問う質問に対して「今後5年ほどで、コーディングやコンピュータ言語を全く知らなくても、自分の目的に合わせたマシンラーニングプログラムを設計することができるようになる」と見通したことがある。

 AIによるAIの誕生が現実のものとなるのだろうか。Google関係者によれば、まだまだ課題は山積みなようだが…。一部、人間のエンジニアを越えるパフォーマンスを発揮し始めているという事実には、注意を傾けるべきかもしれない。

■関連記事
英警察が「犯罪リスク評価AI」を導入へ…「拘束するか否か」を自動判断し冤罪も減少!?
Googleアシスタントvs. Amazonアレクサ…訛りを正確に理解できたのはどっち!?
海水と淡水の水質保全でAI活用…アイルランドの大学とIBMがIoT導入で実現
ヘイトスピーチ包囲せよ!…twitterからレイシズムを検出する人工知能が登場
AI技術の発展は2022年まで上向き!?…「医療・運輸・自然言語処理・ロボティクス」が中心に

1 2

参照
iflscience.com
research.googleblog.com
futurism.com