2度目の事故でテスラ「オートパイロット」が再び物議…マスクCEOは誤作動を否定

2度目の事故でテスラ「オートパイロット」が再び物議…マスクCEOは誤作動を否定

関連ワード:Tesla 半自動走行 自動走行

Posted date:2017.07.20

Photo by Steve Jurvetson (via wikicommons)

 米電気自動車メーカー・テスラの半自動走行システム「オートパイロット(Autopilot)」の安定性について、改めて物議が巻き起こっている。

 海外各メディアは、米ミネソタ州でテスラ車を運転していた50代のドライバーが、自律走行モード中に事故を起こし、警察に通報したというニュースを伝えた。事件が発覚したのは16日だが、17日には同事故と関連しテスラの株価が4.4%下落した。

 テスラは声明を発表し、ドライバーとやりとりしたメールの内容を公開するなど、議論の沈静化に乗り出したが、株価下落を防ぐことはできなかった。最終的に、テスラの株価は前日より2.5%下げた319.57ドルで取引を終えた。

 ミネソタ州カンディヨーハイ郡保安事務所は、16日の声明で「2016年式テスラ車を運転していたドライバーがオートパイロットモードにすると、突然、車が速度を上げ、車道を脱し湿地に墜落した」と事故の経緯を明らかにした。車両が転覆し、運転者を含む5人が軽傷を負ったという。

 テスラは声明で「事故の事実を認知しており、地元警察の捜査に積極的に協力する」としながらも、「事故当時、自律走行機能が作動していたか否かはまだ確認されていない」と一線を引いた。

 またテスラは「オートパイロットは、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)のテストの結果、他のシステムより事故率を40%減少させることが分かった」とし「オートパイロットの誤動作が事故原因とは断定する理由がない」と述べている。

 テスラのイーロン・マスクCEOも18日、ドライバーや保安当局の主張を覆す内容が盛り込まれた電子メールを、自分のTwitterに公開。事件の沈静化に乗り出している。事故運転者は、テスラ側に送ったメールで、「テスラの自律走行システムを責めるつもりはなかった」「オートパイロットが動作するかに関係なく、自分で車をコントロールする必要性をあることを知った」とした。これに対してマスクCEOは「私たちは事故車両の運転者と対話しており、彼はテスラに感謝している」とした。

1 2

参照
thedrive.com
cnbc.com
detroitnews.com