雪道でも走行位置・ルートを見失わない自律走行技術...MITが開発中

ロボティア編集部
ロボティア編集部
Photo by Courtney Chestnut on Unsplash

MITが、自動車が走行する道路の表面から10フィート下まで確認できる、人工知能を用いた自律走行技術を研究しているという。濃い霧や積雪など悪天候によって道路の表示が隠れてしまう場合に、自律走行車がどこに位置しているのか把握できるようにする技術である。

現在開発されている自律走行車は、一般的にカメラとLIDAR(光を用いたリモートセンシング技術)に依存して道路を走行する。しかし、雪が降り始めるなど道路の表示が覆われてしまった場合、位置や走行ルートが不明確になり事故を引き起こしてしまう可能性がある。

そこでMITの研究チームは、道路表面の下にリアルタイムマップを作成することができる、「ローカライズ地上浸透レーダー」(LGPR)と呼ばれる新しいシステムを考案した。LGPRは、特定の要素を定量化。すでに作成されている地図と比較することで、カメラやレーザーがなくとも車体位置がどこにあるのかを把握することができる。研究チームは現在、システムの小型化のための作業を行っている。