ロボットスタート北構武憲氏に聞く、ロボット化する社会と広告

ロボットスタート北構武憲氏に聞く、ロボット化する社会と広告


Posted date:2016.02.14


 ロボティフィケーション=ロボット化する社会における広告とは。またPepper(ペッパー)を始めとした家庭用・業務用サービスロボットの普及を控え、ロボットビジネスはどのように変化・発展していくのだろうか。そんな答えの見えない難問に、意気揚々と挑戦し続ける企業がある。ロボット広告事業やロボット関連ビジネスを多岐にわたって展開するロボットスタート株式会社(以下、ロボットスタート)だ。取締役副社長・北構武憲氏に話を聞いた。

ロボットスタート1

 以下、インタビュー(太字はインタビュアーの質問)

 まず最初にロボットスタートという企業についてお話をお伺いしたいと思います。普段はどのような事業を展開されているのでしょうか?またロボットスタートは、サービス用ロボット関連の企業として知る人ぞ知る存在である一方、一部からは“謎の会社”との評判も聞こえてきます。正体を教えていただければ(笑)

 たしかに、私どもの方でも謎の会社という評判をよく耳にします(笑)。事業ポートフォリオを説明させていただくと、ロボットスタートでは家庭用サービスロボット上における広告配信、またロボット関連の各種サービスを提供させていただいています。

 具体的には、ロボット情報WEBメディア「ロボスタドットインフォ」や、ロボットアプリ販売プラットフォーム「ロボットライブラリ」を運営する傍ら、自社でPepperをはじめとするサービス用ロボット関連アプリの開発や、コンサルティング業務を行っています。

 そもそもなぜサービスロボット、しかも広告に目標を定めたサービスを提供しようと考えられたのでしょうか。会社設立の経緯など含めて伺えればと思います。

 弊社代表の中橋は以前、アドテクノロジー関連の会社を起業しており、私もそこに取締役として在籍していました。当時、ふたりで10~20年先のビジネスについて雑談する機会があったのですが、そこでふと「ロボットを使ったサービスを作れないだろうか」というアイデアが浮かびました。

 当時、二人にはロボットについて知識がまったくありませんでした。それでも、ITやアドテク畑で10年近く蓄積した経験を活かし、何か新しいことができないかと考え続けました。そうして、ロボットを端末・メディアにしたアドネットワークという発想に至ったのです。

 その後、いろいろ調べてみたのですが、ロボットが一家に一台普及していくような時代になれば、私どもが考えていたようなビジネスにも未来があると。また、会社を設立した2014年の12月の段階では、翌年の2月にPepperが発売されるという話もあったので会社設立に踏み切り、ロボット広告をサービスとして発表しました。

1 2 3 4 5 6 7