米メリーランド大学の“視覚”で学ぶ人工知能が紹介される

ロボティア編集部
ロボティア編集部

 人間が作業をこなす過程を“視覚”で学ぶ人工知能が紹介され話題となっている。

 米国マサチューセッツ州工科大学(MIT)は2日、大学のオンラインマガジンを通じて、メリーランド大学の自動化・ロボット工学・認知工学研究所が新たに開発したマシンラーニングアルゴリズムを紹介した。マシンラーニング(機械学習)とは、人工知能が新しい情報を学習・活用できるようにする技術を指す。

 開発を率いた同研究所所属の大学院生は「各分野の専門家が、人工知能ロボットの前で作業を直接見せれば、人工知能はその進行手順をほぼ自ら学習することができる」と述べている。

 現在、生産ラインなどで活用されているロボットに新しい作業手順を入力するためには、時間をかけて再プログラミングする必要がある。しかし、今回開発された学習アルゴリズムを利用すると、そこにかかる時間を大幅に減らすことができると研究チームは説明している。

 研究チームは、セントルイス市で開催された学術会議で、ロボットが人間のバーテンダーの作業を模倣して、同じカクテルを作るデモンストレーションを披露した。ロボットは、材料が使用される順序やその量を正確に学習してカクテルを作りだした。

 研究チームは、専門家のテストだけでなく、インターネット上にある動画から人工知能に新しい技術を学習させる研究も進めている。オーストラリアの研究施設NICTAと協力して行われた同研究内容を盛り込んだ論文が、最近発表されている。

 論文によると、研究チームは動画共有サイトYouTubeにアップロードされた料理の動画を通じて人工知能に学習させた。ここには、大きく分けてふたつの認識システムが採用された。ひとつは、映像に出てくる複数の事物を認識するシステム、もうひとつは人が物を握る方法を分析するシステムである。