演奏ロボットが作曲までこなす!?…ショパンやビートルズのシーケンスを学習

演奏ロボットが作曲までこなす!?…ショパンやビートルズのシーケンスを学習

Posted date:2017.06.23

photo by youtube

 ジョージア工科大学では、マリンバの演奏と作曲をこなすロボットが開発されている。同校のメイソン・ブレタン(Mason Bretan)氏はこれまで、4つのアームと8つのスティックで構成されたマリンバ演奏ロボット「シモン(Shimon)」を開発してきたが、最近になって音楽を作曲・演奏まで行えるよう機能を拡張した。ブレタン氏は、シモンに音楽を学ばせるため、5000個の音楽データセットおよび、最新の人工知能=ディープニューラルネットワーク(Deep neural network)を与えている。

 7年前からシモンを研究してきたブレタン氏だが、シモンについて「ディープニューラルネットワークを使用して、自律的に音楽を作曲する初めてのロボット」という点を強調している。

「学界やGoogleなどで研究されている音楽自動生成分野はソフトウェア的に実行されたシミュレーションであるのに対し、シモンは物理的な3次元空間でライブが可能なロボットシステムだ」(ブレタン氏)

 ロボットが音楽を理解して「アイデア」を実現する。これは、非常に困難な作業のように思える。シモンは新しい作品を生み出すため、まずひとつの小節のような小さな音楽ユニットを先に数値で表し、それらをシーケンス処理する方法を学習している。2つの独立したニューラルネットワークが操作に使用されるが、ひとつは簡潔な数値表現を提供するオートエンコーダとなる。もうひとつは、ユニットのシーケンスをモデル化する長・短期記憶ユニット(LSTM)ネットワークだ。

1 2

参照
news.gatech.edu
technologyreview.com
spectrum.ieee