デジタル技術を活用しない職種ほどロボットに仕事を奪われる...米ブルッキングス研究所

デジタル技術を活用しない職種ほどロボットに仕事を奪われる...米ブルッキングス研究所

関連ワード:労働代替 米国

Posted date:2017.12.05
Photo by brookings.edu

デジタル技術を多く活用する職種ほど収入が高く、かつ自動化による仕事を失う確率も低い――。

米屈指のシンクタンク・ブルッキングス研究所の「メトロポリタンポリシープログラム」が、先月11月に上記のような内容を盛り込んだ報告書を発表した。報告書は、米国全体の労働力の90%を占める545の職種についてデジタル化(digitalization)のレベルを測定した。デジタル化という調査内容には、ワード・エクセルなど基本的なコンピュータプログラムから、IoT、人工知能(AI)など高度な技術までが含まれた。

報告書は各職種のデジタル化スコアを100点(デジタル技術のみ利用)から0点(デジタル技術を全く利用していない)の間で採点した後、スコアに応じて、ハイ(60点以上)、ミドル(34 〜59点)、ロウ(33点以下)の3つのグループに分別した。

ハイグループに属したのは、ソフトウェア開発者(94点)、コンピュータシステムアナリスト(79点)など。ミドルグループには、弁護士(58点)、自動車技術者(55点)など、ロウグループには、レストランのシェフ(18点)、建設労働者(17点)などが属すことになった。

結論として、高度なデジタル技術を多く活用するハイグループほど、平均賃金が高く、自動化によって仕事を脅かされる可能性も少ないとされた。ハイグループに属する職業の平均年収は2016年基準で7万2896ドル。対して、ミドルグループは4万8274ドル、ロウグループは3万393ドルだったと、報告書は分析結果を報告している。

平均賃金の上昇率(2010年以降)も、ハイグループは0.8%と最も高くミドルグループは0.3%に過ぎなかった。ロウグループはむしろ毎年の賃金が0.2%ずつ下落しているとされた。報告書は、デジタル技術をどのように積極的に活用しているかに応じて、職業間の賃金に2倍以上の差が生まれると説明した。

1 2