【イベントルポ】VRのアイデア満載! リクルート「ATL SHOWCASE フェス 2017」に行ってみた

【イベントルポ】VRのアイデア満載! リクルート「ATL SHOWCASE フェス 2017」に行ってみた

関連ワード:VR リクルート

Posted date:2017.12.20

2017 年 12 月 16 日、リクルートテクノロジーズが運営するオープンイノベーションスペース「アドバンスドテクノロジーラボ(以下、ATL)」で「ATL SHOWCASE フェス 2017(以下、ショーケース)」が開催された。

ATLはこれまで、クリエイターや開発者を「客員研究員」として迎え、最新かつ高価なVR開発用機材、モーションキャプチャー用設備などを無償提供し開発をサポートしてきた。そして開催されたショーケースでは、ATL客員研究員が制作したVRコンテンツなど12作品が展示されることになった。

展示された作品には、今後のVR技術の可能性を感じさせるようなさまざまなアイデアが含まれていた。ここで、その作品をいくつか紹介していきたい。

まず、はじめに注目したいのが「VR錯覚ターン」という作品。制作・展示したのは、クリエイター・UUUPAさんだ。

同作品には、仮想空間内での認識を“錯覚”させることで、バーチャルと現実の空間認識を変更する「リダイレクテッドウォーキング(Redirected Walking)」の手法が取り入れられた。早速、実際に体験してみる。すると、VR空間内では長い距離を歩いているように感じるが、現実には狭い空間を行ったり来たりしているだけという不思議な体験をすることができた。

UUUPA氏

UUUPAさんは「リダイレクテッドウォーキングの考え方をVRに取り込み、新たな活用方法やコンテンツを考えていきたい。現段階では、美術館コンテンツへの応用など構想している」と、今後の見通しを話してくれた。なお、UUUPAさんはインテリア内覧VR「知人のためだけの間取りVR」も今回のショーケースに展示した。

1 2