ドローン専門メディア運営者に聞く、2016年ビジネス最新動向

ドローン専門メディア運営者に聞く、2016年ビジネス最新動向

関連ワード:

Posted date:2015.12.21

CLUE代表・阿部亮介氏


●プロフィール
東京大学大学院工学系研究科修了後、株式会社ディー・エヌ・エーに入社。エンジニアとしてソーシャルゲームの運用開発経験を経た後、シンガポールLCO-Creation,incに入社、2014年に株式会社CLUE設立し、現在同社CEOを務める。ドローン専門サイト「DRONE BORG」も運営

 ドローンが普及しはじめ、ビジネスにおいても幅広く活用されようとしている昨今。しかし、実際の現状はあまり詳しく報じられていない。そこで、ロボティア編集部ではドローンビジネスを展開する企業に取材。今回はドローン用・データ管理クラウドサービス「DroneCloud」を展開するCLUE代表・阿部亮介氏に話を聞いた。なお、CLUEではドローン専門ニュースサイト「DRONE BORG」も運営している。最新ドローンビジネス事情も伺った。

DroneCloud_clue

―2015年、日本でもドローンの認知度が一気に高まってきました。CLUEでは、かなり早い段階から専門サイトを立ち上げたり、クラウドサービスを展開されたりと、活発に活動されていますが、そもそもどういうきっかけがあったのでしょうか。 

 起業したのは2014年8月だったのですが、当初は女性向けのファッションシェアリングサービスを展開していました。ある程度ユーザー数が伸び、本格的に資金調達を考えていたところ、ベンチャーキャピタリストの佐俣アンリ氏と出会いまして、その時の議論が大きなきっかけに。「もっとでっかいことをしよう」と声をかけてくださったアンリ氏に感銘を受け、今後世界で急拡大するドローン産業に事業転換することを決めました。 

 まずはじめにニュースサイトを立ち上げたのは、海外のドローン活用事例についての情報収集やビジネスモデルを検証したいという目的がありました。もともと、僕自身、学生時代は航空宇宙工学を専攻していたため、ある程度は技術的なバックエンドがあったのですが、ビジネスモデルについては何も分かりませんでした。そこで、海外のドローン関連スタートアップのビジネスモデルですとか、活用事例を勉強しようと考えたんです。

1 2 3 4 5