UAE政府「ドバイでロボット・ドローンの国際スポーツ大会を開催」

World-Drone-Prix_ワールドドローンプリックス
photo by World Drone Prix

 2017年12月28~30日、アラブ首長国連邦(以下、UAE)・ドバイでロボットおよびドローンの“オリンピック”が開催されるという話題が浮上している。UAE副大統領兼首相、ドバイ首長である“シャイフ”・ムハンマド・ビン・ラーシド・アル・マクトゥーム殿下(以下、シェイク・モハメド氏)は、ロボットスポーツの世界的祭典「ワールド・フューチャー・スポーツゲームズ(World Future Sports Games)」を開催すると明らかにした。

「“The UAE Drones for Good Award”と“UAE AI and Robotics Award for Good”といグローバルプラットフォームの構築の成功により、我々は未来へ行進するためのユニークな第一歩を踏み出した(中略)過去2年間、それらのプラットフォームは、世界中で数千人にもおよぶ個人・チームを惹きつけた。結果、グローバル水準の技術革新分野におけるUAEの地位を強化した。(中略)スポーツにおけるイノベーションは、UAEのイノベーションシステムを構築し、そのビジョンと実力を世界水準に強化するために重要な部分となる」(シェイク・モハメド氏)

 ワールド・フューチャー・スポーツゲームズ開催は、去る3月10~11日にドバイで開催されたドローンレース世界大会「WORLD DRONE PRIX IN DUBAI」から時を待たずして宣言された。

luke-bannister_ルークバニスター
photo by World Drone Prix

 同ドローンレース大会には、世界中から100以上のチームが参加し熾烈な競争を繰り広げた。最終的に、英国の15歳の少年ルーク・バニスター(Luke Bannister)君が25万ドルの賞金を獲得している。なお、大会賞金総額は1億円。ワールド・フューチャー・スポーツゲームズの賞金は、さらに大きくなると予想されている。

河鐘基

記者:河鐘基


1983年、北海道生まれ。株式会社ロボティア代表。テクノロジーメディア「ロボティア」編集長・運営責任者。著書に『ドローンの衝撃』『AI・ロボット開発、これが日本の勝利の法則』(扶桑社)など。自社でアジア地域を中心とした海外テック動向の調査やメディア運営、コンテンツ制作全般を請け負うかたわら、『Forbes JAPAN』 『週刊SPA!』など各種メディアにテクノロジーから社会・政治問題まで幅広く寄稿している。