UAEでドローン・無人走行車(UGV)の国際競技大会…45カ国・316チーム参加

UAEでドローン・無人走行車(UGV)の国際競技大会…45カ国・316チーム参加


Posted date:2016.12.21


モハメド・ビン・ザイード国際ロボティクスチャレンジ_Mohamed Bin Zayed International Robotics Challenge、MBZIRC_ヤス・マリーナ・サーキット

Yas Marina Circuit photo by Rob Alter


 第一回モハメド・ビン・ザイード国際ロボティクスチャレンジ(Mohamed Bin Zayed International Robotics Challenge、MBZIRC)が開催される。主催者であるカリファ大学(Khalifa University)は、2017年3月16日から18日まで、アブダビのヤス・マリーナ・サーキット(Yas Marina Circuit)で大会を開催すると発表した。

 今回の大会は、3つのチャレンジとトライアスロン形式の「グランドチャレンジ」で構成され、大規模なサーキット会場が戦いの舞台となる。

「チャレンジ1」では、参加チームがドローン(UAV)を使用して、移動中の地上車両を発見・追跡し、その上に着陸させるゲームが繰り広げられる予定。動く車両の位置をうまく見つけるとともに、その速度に応じて適切に飛行し、目標物の上に着陸するというタスクが想定されている。

「チャレンジ2」は、無人自動車(UGV)でパネルを探し、接近。バルブを物理的に作動させるゲームである。「チャレンジ3」は、ドローンチームが協力して、セットされた物体と、移動する物体を調査、位置把握、追跡した後、それらを指定されたポイントまで運ぶというものとなる。

「グランドチャレンジ」は、ロボットチーム(UAVとUGVの双方)が、「チャレンジ1~3」を組み合わせたゲームで同時に順位を競う。


 アリフ・ハル・ハマディ(Arif Al Hammadi)副総長は、「今回は厳しいコンテストになるだろう(中略)今回のコンテストでは、参加チームが現在世にあるすべてのロボット技術を活用するだけでなく、新しい技術も創案しなければならない」と述べた。

 今回の第1回大会には、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、ドイツ、サウジアラビア、ロシア、シンガポール、マレーシア、カナダ、韓国、スペインを含む45カ国、316チームが参加する。ジョージア工科大学(Georgia Institute of Technology)、韓国科学技術院(KAIST)、シンガポール国立大学(National University of Singapore)、西安交通大学(Xi’an Jiaotong University)を含む各国主要大学のチームなどがそれにあたる。なお、同大会の優勝賞金は5万ドルと公表されている。

参照
businessreviewmiddleeast.com
arabianbusiness.com