新たな金融ビジネスの台頭、「フィンテック」とその特徴とは

ロボティア編集部
ロボティア編集部

フィンテック
photo by nxtplabs.com

 2016年、金融市場の中心的なキーワードとして「フィンテック(Fintech)」という言葉がよく取り上げられている。フィンテックとは何か?

 Finance(金融)の「Fin」とTechnology(技術)の「Tech」の合成語で、「金融とITの結合」を意味する。ただ、言葉だけ聞いても、ピンとこない方が多いのではないだろうか。これまでの金融サービスにはITと結合しものはほとんどなかったので、イメージしづらいのは当然かもしれない。

 このフィンテックという言葉は「金融のインターネット・モバイル化」と言いなおせば、理解が楽になりそうだ。つまり、金融サービスをユーザーの“手の中”で受けられる技術やサービスの総称と理解すれば想像しやすい。

 ユーザー側から見たフィンテックのもっとも大きな特徴は、その「手軽さ」もしくは「使いやすさ」という言葉に集約されるかもしれない。ネットで買い物を済ます時代になったとは言え、使いにくかったり、何十分もかかって結局取引が成立せず、やきもきしたことがあるユーザも少なくないはず。フィンテックは、そんな消費者の利便性を向上させる技術である。

 フィンテックの元祖と呼ばれるのはペイパル(PayPal)だ。クレジットカードで本人認証アカウントを作成すれば、その後はアカウントに接続するだけで手軽に決済することができる。また仮想口座にお金を入れておけば、売り手はそこにお金を徴収しにいくので、個人情報も安全。

 現在、そのようなペイパルに対抗すべく、アリペイ(ALIPAY)、アップルペイ(Apple Pay)、アンドロイド・ペイ(Android Pay)、サムスンペイ(Samsung Pay)、カカオペイ(Kakao Pay)、LINEペイなど、全世界で決済サービスが鎬を削っている。

 フィンテックの第二の特徴は非対面仮想取引。つまり、相手と顔を合わせなくても取引ができるというものだ。非対面取引に慣れたユーザーや消費者が増えれば、金融会社はオフラインの店舗ではなく、モバイル金融サービスに比重を傾けざるをえなくなる。さらに手数料がからないインターネット銀行が増えれば、従来の銀行もデジタルバンク化が避けられなくなる。

 第三に、ユーザーや消費者の直接取引、すなわち個人間(P2P)取引が増加する。モバイルプラットフォームの性格上、いつでもどこでも資金と需要者がマッチングされるからだ。