スポーツ・ロボット審判登場の可能性、刻一刻と迫る

ロボティア編集部
ロボティア編集部

スポーツ審判TOP
photo by foxsports.com

 米バンク・オブ・アメリカ(BOA)と英オックスフォード大学の研究チームは、今後10年以内にロボットが代替する職業を分析した報告書を発表した。そこには、「スポーツの審判がロボットに置き換えられる確率が90〜100%」と指摘されていた。

 現在すでに、スポーツ競技における審判の役割を機械が代替えし始めている。サッカー・バレーボール・テニスなどのライン判定がそれだ。一方で、ロボット審判の領域を広めるべきだという意見も少なくない。アメリカのスポーツ専門メディアESPNのコラムニスト、ダン・ジムボルスキー(Dan Szymborski)が、1月20日に「野球のストライク判定にも、コンピュータを活用すべき時が来た」と主張したことがその一例だ。

 ジムボルスキー氏は「審判の判断エラーがメジャーリーグ(MLB)打者をマイナーリーグトリプルAの打者に、またトリプルAの打者をMLB打者にしてしまうことがある。このような変数は取り除かれなければならない」と主張の根拠を明かしている。

 米国ではすでに、1950年代に投球判定を行うロボットを開発されている。ゼネラル・エレクトリック(GE)が開発したそのロボットは、電波を利用してボールの位置・軌跡・速度などを検出、分析しスピーカーを通じて判定を知らせることができた。が、日が暗くなると性能が落ち、ハーフスイングを区別できないなど誤動作が起こった。また、投球ひとつを判定するのには300ドルを超える費用がかかることになるため、GEは最終的に事業をあきらめている。

昔の野球のロボット審判
昔、米メジャーリーグ配置していたとされる審判ロボット photo by youtube

 2001年には、ボールの位置データを自動的に収集し、その軌跡を分析するシステム「クエステック(Questec)」が開発された。2003年からは、メジャーリーグの11球場に同システムが設置され、審判の誤審を改めるのに採用されはじめた。しかし、選手と審判の不満が大きくなるにつれ、「クエステック」は姿を消した。「誤審があってもボールの判定は、人がなければならない」というオールドファンの声もまた大きかった。

 しかし、そんな紆余曲折を乗り換えながら、ロボット判定技術は確実に歩を進めている。例えばスポーツビジョン社が開発したピッチエフエックス(PITCH f / x)だ。同製品には3台以上のカメラが使用されており、ボールの軌跡を3次元的に解析することができる。昨年、米独立球団サンラファエル・パシフィックスは、実際の試合で同システムを採用。投球判定のために活用した。なおそこでは、ロボット審判が直接判断を下すというよりも、コンピュータが下した判定を人がコールするという方法が用いられている。