台南地震の生存者が続々と救助、ドローン動画も公開される

ロボティア編集部
ロボティア編集部

 台湾南部の台南で地震が発生してから3日目の2月8日、奇跡のような生還が相次いでいる。倒壊したビルの様子を撮影したドローン動画もアップされ、改めて人々の注目を集めている。

 AFP通信などによると、100人余りが行方不明になった17階建ての建物・維冠金龍ビルの残骸の中から、60時間後に、8歳の少女と28歳の女性が救助されるなど、日中に4人の生存者が追加で確認された。

 救助隊はこれに先立ち、20時間以上の救助活動の末に40歳男性を救出することにも成功した。

 8日午前に救助された生存者チャオ・ウェイリング(45・女性)氏は現在、安定状態に入ったそうだが、彼女の夫と2歳の息子はともに死亡したことが確認されている。

 きたる5月に就任する蔡英文(さい・えいぶん)次期総統は、30人の犠牲者を出した惨劇を省みて、新政府が発足後には、建物の安全規制の強化を優先的に追求すると明らかにした。蔡次期総統は地震の生存者が入院している病院を訪問した後、「台湾全域に古い建物が多い」とし「耐震状態をはじめ、災害の全体的な安全の状況を再検討する」と述べた。

 台湾工学協会のマックス・ロー元代表は、「建物の構造重量を減らすために、缶やスポンジなどが使用された可能性があり、「1階をショッピングモールとして使用するために、建物を支える壁を取り外した可能性もある」と指摘している。