ロボットスタート北構武憲氏に聞く、ロボット化する社会と広告

ロボットスタート北構武憲氏に聞く、ロボット化する社会と広告

関連ワード:

Posted date:2016.02.14

ロボットスタート-musio3
musio

 現在、ロボットスタートのロボット広告やロボット関連ビジネスの状況はいかがでしょうか

 ロボット広告の方は、システムの開発をすでに終えており、インターネット系の大手広告代理店各社とも契約を完了した段階です。また、ロボット関連アプリを制作するデベロッパー約50社とも提携した状況で、現在もその提携数は日を追うごとに増えています。

 ただ一方で、家庭用ロボットの普及そのものがはじまったばかりという事情もあり、実際に広告を配信する段階にはいたっていません。そこでまず、家庭用ロボット自体の普及を念頭において、メディア運営や、コンサルタント、アプリケーション開発などを主な業務として展開しています。

 そうして何かと動いているうちに、新しい動きやビジネスが生まれてきています。例えば、家庭用サービスロボットを発売したいというメーカーさんから問い合わせがくるようになり、業務委託という形でお手伝いさせていただいています。

 ソフトバンクのPepper以外にもサービス用ロボットを展開しようという企業は多いのでしょうか?

 少しずつ増えていると思います。例えば、AKA社の「MUSIO(ミュージオ)」も一般販売に向けて準備が進められています。MUSIOは、人工知能と連携した卓上型の家庭用ロボットです。まずは英会話教室や英語の勉強用に導入する方向でメーカー側も動いていらっしゃるのですが、やらなくてはいけないことも多く、その様々な仕事のうちの一部を弊社で請け負っています。

 商品の発売を表明している国内および海外企業も少なくないですし、今後、家庭用ロボットの種類は増えて行くのではないでしょうか。ロボットアプリを制作するデベロッパーも日々増えている印象です。

1 2 3 4 5 6 7