世界最高の起業家イーロン・マスク氏が無人自動車時代到来を示唆

ロボティア編集部
ロボティア編集部

イーロン・マスク
イーロン・マスク氏 photo by luxurylaunches.com

世界最高の起業家と名高いイーロン・マスク氏が、無人自動車時代の到来を示唆した。

「無人自動車はこれから現実になるでしょう。来年テスラの自動車は90%程度を自動で走行することになります。高速道路を含め、走行距離全体の90%を自動的に運行することになるという意味です」

イーロン・マスク氏は、2014年10月2日、CNNマネーとのインタビューで無人自動車時代の到来を2015年と予言した。ただし、具体的な無人自動車技術の発展方向や計画を説明したわけではない。現在、無人自動車業界でよく取り上げられるセンサー技術の一覧を提示するにとどまった。イーロン・マスク氏は、「カメラと長距離超音波、レーダーを通じた映像認識など、様々なセンサー技術を融合することになるだろう」と話した。

他の自動車メーカーと技術ベンダーは、無人自動車時代の到来を3年から5年後とみている。米自動車メーカー・ジェネラルモーターズ(GM)は、早ければ2017年に発売予定のキャデラックに半自動の無人走行技術を搭載する予定である。GMはこれを「スーパークルーズ」技術と呼んでいる。自動車と自動車が互いに通信し、走行中に遭遇する危険に能動的に対処できる技術である。ここで言う、完全な意味で自動走行とは多少隔たりがある。

ボルボは2017年までに、スウェーデンの道路で無人車100台を走れるようにするプロジェクトを進めている。英国政府は、2015年1月から無人自動車試験走行を可能にしただけでそれ以外に目立った動きはない。IT企業の中で無人車研究をリードしているGoogleも、イーロン・マスクCEOの発言とは距離が遠い。2012年に米国ネバダ州で実施した無人走行実験は、完全な自動走行技術が完成されるまでに長い時間が必要であることを証明した。天候や突然の道路状況の変化に技術が効果的に対処していなかったためだ。


テスラ社の自動走行テスト風景