人工知能ブームから考える”人間の脳の不思議”

人工知能ブームから考える”人間の脳の不思議”

関連ワード:

Posted date:2016.03.23

サヴアン症候群2
photo by 映画「ビューティフル・マインド」

 世界の関心が人工知能に集まるなか、人間の脳の能力の限界や可能性についても議論が高まっている。

 そもそも、人間の脳はどれくらい多くのことを記憶できるのだろうか。例えば、メモリカードやハードディスクは、その容量がいっぱいになると、それ以上のことを記録することができない。一方、人間の脳は少し異なっている。人間の脳は訓練を通じて記憶力を高めることが可能である。2005年当時、中国の大学院生が6万7980桁の円周率を覚え世界記録を樹立、世間を驚かせたことがある。

 また、世界記録を保有している“記憶の達人”たちのほとんどは、訓練を通じて高い能力を保有することになったといわれている。例えば、米記憶力大会の優勝者のひとりは、最初に脳のトレーニングをする際、トランプカード一式を覚えるために20分かかったが、後には30秒以内に52枚を覚えることが可能になったという。このような訓練の方法のひとつに、記憶の宮殿(memory palace)というものがある。自分が知っている家をイメージして、そこに記憶したいものを配置し記憶する方法をいう。結論的に意志があり、訓練を行えば、誰でも記憶力を引き上げることができるということになる。

 人間の脳は、1000億個に達する神経細胞、神経細胞で構成されている。そのなかで長期記憶と関連した錐体細胞(pyramidal cell)は、10億個程度と言われている。米国ノースウェスタン大学のポール・リーバー(Paul Reber)教授は、もしこの錐体細胞ひとつあたり、情報を1つしか記憶できない場合、人間の脳はすぐに容量がいっぱいになり、神経枯渇状況に陥るだろうと指摘している。

 リーバー教授はまた、少し無理やりに例えるならば、脳の記憶保存能力はコンピューターのペタバイトのクラスになると話す。1ペタバイトは、MP3の音楽を2000年間、続けて再生することができる容量である。ただ実際には、人間の脳とコンピューターのメモリチップを比較するのは難しい。人間の脳には、コンピューターに例えられないほど広い記憶空間がある。

1 2 3

参照
bbc.com
techholic
wikidot.com