香港のデザイナーがスカーレット・ヨハンソン似のロボット開発

ロボティア編集部
ロボティア編集部

スカーレット・ヨハンソン_ロボット2
photo by reuters.com

 香港に住むグラフィックデザイナー、リッキー・マー(Ricky Ma)氏が、スカーレット・ヨハンソンそっくりなロボットを作り話題だ。

スカーレット・ヨハンソン
photo by by-s.me

 同ヒューママノイドロボットは、顔に表情を浮かべることができ、また動いたり、会話も可能。現在はマー氏の自宅のバルコニーに置かれているという。なお、マー氏自身は、この女性型ヒューマノイドロボットのプロトタイプを「マーク1(Mark 1)」と呼んでいる。

 マー氏はアニメやロボットの世界に魅了されてきたが、いつしか自分でロボットを作ってみたいと思うように。そして今回、5万ドル(約600万円)の費用と半年の時間をかけ、同ロボットを開発した。なお、プログラミングは独学だそうだ。

「ロボットを制作している間、多くの人に『お金がたくさんかかるし馬鹿げている』。君はロボットを作る方法を知っているのかと言われました。それは、非常につらかったです」(マー氏)