中国レストランがロボットを解雇、現在失業中

中国レストランがロボットを解雇、現在失業中


Posted date:2016.04.08


中国_ウェイターロボット3

photo by thatsmags.com


 中国・広州市にあるふたつのレストランが、人工知能とサービング機能を搭載したウェイター・ロボットを解雇した。一緒に働く人間のスタッフと作業の歩調を合わせるのが難しいというのが、その理由のようだ。メディア「ワーカーズ・デイリー」の取材に答えた、同レストランのスタッフは次のように話している。

「ロボットたちはスープや他の食事を安定的に運ぶことができなかったし、何度もおじゃんにしそうになった。その様子を見たボスが、“二度と使うまい”と決心した」(レストランスタッフ)

 日本や世界では、ウェイター・ロボットの活躍が画期的だと広く報じられてきた。しかし、実際にロボット導入したり、一緒に働いたりする現場の人々にとっては、トラブル続きだったというのが実情だったのかもしれない。現在、世界中で「ロボットが人間の仕事を奪うのではないか」という議論が高まっているが、なんだか拍子抜けしてしまう話だ。

 なおレストラン側がそのウェイター・ロボットを導入するのにかかった費用は、7700ドル(83万円)以上だそうだ。加えて、メンテナンス代や電気代が、年間数百ドル程度かかるとのこと。

 ちなみに、今回ロボットをクビにしたふたつのレストラン以外にも、ウェイター・ロボットを導入している店舗がある。そちらではまだ、人間とロボットとどちらを採用すべきか明確な判断はできてないそうで、しばらくはPR目的で稼働させるとしている。

「ロボットは多くのお客さんを惹きつける。ただ、人間のウェイターを減らすような仕事はこなせない」(今後もロボットを稼働するとしたレストランのオーナー)

1 2

参照
eater.com
inverse.com
news.sina.com