中国の農薬散布用ドローンが韓国市場進出に攻勢

ロボティア編集部
ロボティア編集部

DJI農薬散布用ドローン_AGRASMG-1
AGRAS MG-1 photo by DJI

 低価格を武器に世界の市場を狙う中国製農薬散布ドローンが、韓国で次々に“農業機械”として登録されている。これは、韓国政府の融資支援を引き出すための措置だそうだ。ただでさえ安価な中国製ドローンに対して融資支援体制が拡充されれば、韓国市場を狙う世界のドローン、無人機開発企業にとっては“悪夢”以外の何ものでもない。価格競争力で大きな差を開けられることになる。

 5日、韓国業界関係者によって、中国企業が防除用(農薬散布用)ドローンを、韓国の「政府融資支援対象農業機械」として登録する事例が相次いでいることが明らかにされた。防除用ドローンを農機として登録することにより、購入者は販売価格の80%の範囲内で政府融資を受けられる。ドローンを購入しようとする農業関係者側からすれば、先行投資の負担を抑えることができるという訳だ。中国製ドローンはもともと低価格だが、その購入代金でさえ政府融資が受けられるとなれば、中国ドローン企業にとってはさらなる追い風となる。

 DJIは防除用ドローン「AGRAS MG-1(アグラスエムジー1)」はすでに、昨年に韓国で融資対象としての登録を終えている。製品自体はまだ輸入されていないが、韓国国内輸入代理店が発売準備の段階で登録を済ませたという。今月の発売を控え、価格と形式名を変更し再登録申請も終了した。既に一度登録されているため、大きな問題がなければ融資モデルとして決まるものと見られている。

 輸入会社であるオートワールドは、同製品のパッケージ価格を日本円にして約200万円台と定めている。政府融資を受ければ、わずか数十万円で購入することができる。高い費用対効果と最先端の機能を有しており、業界にかなりのインパクトを与えると期待されている。