中国のロボット普及で350万の雇用が喪失か…成長曲線は日本と酷似

中国のロボット普及で350万の雇用が喪失か…成長曲線は日本と酷似

関連ワード:

Posted date:2016.04.13
中国_ロボット推移
photo by irobotnews.com

 今後5年間のうちに、中国で350万人の雇用がロボットに置き換わるという予想が発表された。加えて、中国のロボット成長曲線が26年前の日本を“なぞっている”という分析結果も明らかになった。英フィナンシャル・タイムズは、未来アセットマネージメントの投資担当最高役員(CIO)、ラフル・チャーダ(Rahul Chadha)氏の発言を引用。詳細を報じた。

 未来アセットマネージメントは、中国におけるロボット普及が2020年まで年平均35%の成長率を示すと予想。国際ロボット連盟(IFR)の資料によると、昨年、中国の産業用ロボットの設置台数は26万台に達したが、チャーダ氏は「産業用ロボット1台あたり、労働者4〜5人を代替する効果があると考えた時、100万人以上の労働者が、ロボットの導入ですでに仕事を失ったものと推定される」と指摘している。

 このような中国のロボット化の傾向は、ますます加速する見通しだ。 2013年現在、中国の労働者1000人当たりのロボット普及台数は、北米地域の30%、ドイツの11%、日本の9%、韓国の7%水準となっている。

 ただ、日本の成長曲線をなぞり続けるのであれば、その差はさらに縮まるという予想だ。日本の基準時点となっているのは1974年で、中国側は2000年。中国のロボット成長曲線が日本の26年前とほぼ重なる。中国のロボット購入台数は2014年現在5万7000台だが、このまま日本の成長曲線をなぞり続ければ、2018年には15万台に達する。これはIFRの分析とも一致する。

1 2

参照
financial times
siasun.com
youtube