英空港で旅客機とドローンが衝突、米では”近接遭遇”の報告多数

英空港で旅客機とドローンが衝突、米では”近接遭遇”の報告多数

関連ワード:

Posted date:2016.04.18

ロンドン_ヒスロー空港
ヒースロー空港 photo by wikipedia

 4月17日の12時50分頃、英ロンドン・ヒースロー空港で、旅客機とドローンが衝突する事件が起きた。スイス・ジュネーブ発の同旅客機には、乗客132名と乗務員5名が搭乗していた。

 欧米各メディアの報道によれば、エアバスグループSE A320旅客機の操縦士が機体を着陸させた後、ドローンと思わしき飛行体が航空機の前面に衝突。警察は正確な事件経緯を調査中とのことで、まだドローンを飛ばした人物は逮捕されていないという。

 なお、航空会社であるブリティッシュ・エアウェイズ(british airways)側は「旅客機は安全に着陸し、技術者が完全に点検を終えている。次のフライトには問題がない状態」としている。

 イギリス民間航空局(Civil Aviation Authority=CAA)は、空港近くでドローンを飛ばすことは「絶対に容認できない」とし、違反した場合、懲役を含む厳しい罰則を受けると警告している。一方、国際航空運送協会(IATA)は、一般人が操縦するドローンが民間航空機にとってますます深刻な脅威になっていると指摘した。

 先月3月18日には、米ロサンゼルス国際空港(LAX)の滑走路付近を飛行していたドイツ・ルフトハンザ航空のジャンボ旅客機に、ドローンが接近するという事件が起きた。こちらは、米連邦航空局(FAA)が詳細を伝えた。

 当時、旅客機がロサンゼルス国際空港の東22.5㎞地点を飛行しながら着陸のため高度を152メートルまで下げた際に、旅客機の上空約61メートルをドローンが飛行していたことが確認されている。

1 2

参照
wsj.com
bbc
lfpress