福建省・刑務所の近くでドローンが多数目撃...中国で初のケース

中国_刑務所
photo by baidu

 中国南東部の刑務所集積地の周辺で、数多くのドローンが飛行しているのが確認されている。当局関係者は施設運営にとって「深刻な脅威」だとし、「地域の法執行担当部署に調査を開始するよう促す」とメディアに語った。

 海峡都市報(the Strait Metropolis Daily)は先日、機体が福建省福州近郊の刑務所宿舎、武装刑務官の住宅地、行政の建物などの上で、飛行および操作されていたのが発見されたと報じた。その怪しい飛行と関連し、中国・警察は動機や背景の調査を開始している。

 中国・検察庁関係者は「ドローンの操縦者は受刑者に危険物を提供したり、または施設内や刑務官の動画を撮影するつもりかもしれない。セキュリティ上の重大な脅威をもたらしている」と指摘。すでに、ドローンの出現を地元警察に報告するよう、刑務所側にアドバイスしたと福州の新聞社に語っている。

ドローン_刑務所2
photo by wbaltv.com

 以前、アメリカでは、ジョージア州の州立刑務所でドローンが塀を飛び越えてモノを運び込む事件が発生している。当局は、森の陰から双眼鏡でドローンを確認しつつ、リモコンで操縦して、タバコなどを刑務所内へ送り込もうとしていた男女を逮捕した。また昨年8月には、米メリーランド州立刑務所にポルノやドラッグなどを運び込む計画を立てたとし、男性ふたりが逮捕されている。この事件では押収されたドローンが公開されている。

 加えてアメリカでは近年、刑務所内へスマホを「差し入れ」るケースが増えているという。その携帯を使って、マフィア幹部の受刑者が外部の配下に犯罪指示を出したり、受刑者同士が刑務所内で連絡を取り合い、一斉蜂起して所内を無秩序状態に陥れる事例が報告されている。

バーナード・コン

記者:バーナード・コン


マカオ生まれ、香港育ちの日本人。香港を中心に日系企業への各種コンサルタント業務を行う。中国語翻訳&フリーライターとしても活躍中。現在、ポルトガル在住。

https://roboteer-tokyo.com/about