誤飲した電池を排出...MITが錠剤型「折り紙ロボット」を開発

折り紙ロボット_ダニエララス
photo by MIT(via youtube)

 今回発表されたおりがみロボットは、昨年5月にMIT研究チームが公開した既存のおりがみロボットの後継機でもある。マサチューセッツ工科大学CSAIL所長であり、ロボット専門家であるダニエラ・ラス(Daniela Rus)氏は「この小さなロボットが今後、医療現場
で重要な役割を担っていくのだと思うと、大変嬉しいことだ」と述べている。

>>無人自動車の権威ダニエラ・ラス所長、無人車の現在と未来を語る

 この研究結果は今月16日から21日までスウェーデンのストックホルムで開かれる世界最大のロボット学会のひとつ「ICRA 2016(International Conference on Robotics and Automation)」で発表される予定だ。