刻一刻と近づく人工知能が小説や文章を紡ぐ未来...Google研究チーム「AIが1万冊以上の本を学習中」

刻一刻と近づく人工知能が小説や文章を紡ぐ未来...Google研究チーム「AIが1万冊以上の本を学習中」

Posted date:2016.05.21

グーグルの人工知能が書いた文章
photo by google

「世界にはほかに誰もいない。大切なのは彼らだけだった。残されたのは彼らだけだった」

「わたしたちはみなここにいます。5分以内にここにきて」

「わたしは泣き始め、そして彼に頼った」

“i want to talk to you.”
“i want to be with you.”
“i don’t want to be with you.”
i don’t want to be with you.
she didn’t want to be with him.

 これはとある恋愛小説の一文なのだが、書いたのは人間ではない。グーグルの開発した人工知能(AI)だ。Googleは、近年、人工知能の研究に力を注いでおり、囲碁世界王者イ・セドル氏と対決した囲碁プログラム「alphaGo(アルファゴ)」の存在は広く認知されている。並行して小説を書く人工知能の研究も進めているという。

 16日、米ニュースサイト「クォーツ(Quartz)」などは、Googleが人工知能が作成した10あまりの文章を公開したと報じた。グーグル・ブレイン(Google Brain)チームが開発しているその人工知能は、人間が最初と最後の文章を決めると、その間に入る文章をつくりストーリーを仕上げる。ここで重要なポイントは、文脈のつなぎ方を自然なニュアンスになるように、人工知能が適切な文章を作り出すというものだ。

 では、GoogleのAIはどのようにして文章を書き上げているのだろうか。

 研究チームは1万1000冊もの本をAIに読ませている(学習させている)という。しかもそのほとんどが恋愛小説なのだとか。実はAIに読ませる小説を恋愛小説にしたのには訳がある。恋愛小説では、似たような展開が採用される。一方で同じようなストーリーでも、表現や描写は数多く存在し、それぞれ異なる単語が使われている。大量の恋愛小説を読むことで、AIはどの文章が同じ意味を持っているのかを把握し、言語のニュアンス的な部分を理解できるようになるそうだ。それにより、人工知能が“機械的な文章”ではなく、より“人間らしい表現”を覚えていくのだという。

 いくら恋愛小説好きな人間といえども、1万冊以上ものそれを読破した人間はそれほど多くないだろう。グーグルが開発している人工知能は圧倒的な量の恋愛小説を読み込み、その特徴を学び続けている。愛を語るすべは、人や国によって千差万別で、非常に豊富。今後、人間が思わず赤面したり、ドキドキしてしまう文章を、人工知能が作り出すことになるかもしれない。

1 2

参照
Quartz
thenextweb.com