ゴミが自動で圧縮される「スマートゴミ箱」が普及…日本でも?

ゴミが自動で圧縮される「スマートゴミ箱」が普及…日本でも?

Written by Pocca

Posted date:2016.07.21


スマートゴミ箱_クリーンキューブ

photo by E-Cube Labs


 エネルギー源の大部分を輸入に依存している韓国は近年、環境汚染と地球温暖化によって雨不足が頻発し、水資源をはじめとしたエネルギー不足が社会問題となっている。これを受けて韓国政府は、エネルギー自給率の向上策として、ゴミを再生可能エネルギーに転換することを目標に掲げ、さまざまな活動を展開している。

 そんな社会的背景のなか、太陽光エネルギーを利用して、あふれるごみを自動的に圧縮するスマートゴミ箱「クリーンキューブ」が注目を集めている。これは韓国スタートアップ「イーキューブラボ」(E-Cube Labs)が開発した商品。太陽光エネルギーで稼働するモーターが、なかに入ったごみを圧縮してくれるというものだ。

 クリーンキューブには、従来のゴミ箱容量の6~8倍のごみが入る。 イーキューブラボではここに、IoTセンサーを取り付け、ゴミの容量、回収時点、経路を知らせるなど、総合ソリューションを提供している。

 同社を運営するクォン・スンボム代表は、2011年に大学の友人たちとご飯を食べる中で、あふれるゴミ箱を見て、このような事業を思いついたという。ゴミ箱が一度あふれると、人々は平気でゴミ箱の周辺にまでゴミを投げ捨てる。 その点に着目し、「あふれないゴミ箱」作りを始めた。こうして作られたゴミ箱が、クリーンキューブとなった。

 クリーンキューブは太陽光でバッテリーを充電し、ゴミがいっぱいになると圧縮機が作動。ゴミを圧縮する。 また、ゴミがどれほど入っているかセンサーを通じて管理者に教えてくれる。加えて、収集車から出る排気ガスや人件費もカットできるようで、コスト削減も期待されている。

 全世界的に、ゴミ回収だけで年間約9兆円の費用がかかると言われている。 このうち1%のコストを削減するだけでも、約6500億円の節約となる。

 このスマートゴミ箱は韓国だけで200個、世界的には2000個ほど設置を控えている。韓国では昨年に「公認調達優秀製品」(政府が性能などを評価し、推奨する製品)として登録され、世界20カ国に進出している。

1 2