アメリカンフットボールの全プロチームがロボットで実戦訓練!?

ロボット_スポーツ_MVP2
photo by mvpdummy.com

 スポーツなどのトレーニング分野に、ロボットや仮想現実(VR)などのテクノロジーが進出しはじめている。海外メディアによると、ピッツバーグ・スティーラーズ、ロサンゼルス・ラムズ、ボルティモア・レイブンズなどアメリカンフットボールチームが、今月に入って、トレーニングキャンプにロボットを採用したという。

 各チームが導入したのは「MVP(Mobile Virtual Players)」という名称のロボットだ。72〜81kgの体重を持っており、アメリカンフットボールのピッチで、毎秒約7m動くことが可能となっている。価格は1個8000ドル(約84万円)。

 各チームの選手たちは、それらロボットを相手に、実戦さながらのトレーニングを進めているという。

 ピッツバーグ・スティーラーズは5月、Webサイトを通じて、人間の選手とMVPが訓練する様子を公開した。同時期には、ライバルチームであるボルティモア・レイブンズが、このロボットの採用を密かにテストしていたとも伝えられた。

 そのニュースが伝えられ後、アトランタ・ファルコンズ、グリーンベイ・パッカーズ、シカゴ・ベアーズなど他のチームも、ロボット導入を検討し始めた。最初は半信半疑だったそうだが、練習現場ではフットボールの高度な技術を習得するためのツールになるという確信が生まれ、アメリカンフットボールのチームの大半が、我先にとMVPの導入を急ぎはじめた。