米ロボットセンター長が語る世界ロボット市場6つのトレンド

ロボティア編集部
ロボティア編集部

ロボットトレンド

米メリーランド大学傘下のロボットセンター(Maryland Robotics Center)で所長を務めるサティエンドラK.グプタ氏(Satyandra K. Gupta)は最近、個人ブログにグローバルロボット市場の6つのトレンドを掲載した。

その1.商業ロボット投資活動

最近、民間部門で活発なロボット投資が行われている。Googleが多数のロボット会社を買収しており、Amazonも「キバ・システムズ」を買収、社名を「アマゾン・ロボティックス」に変更した。また、米通信会社クアルコムも、ロボット分野に積極的に投資している。先週、日本のトヨタ自動車は、AIとロボティクス分野に大々的に投資すると発表した。

これまで、ロボット産業にあまり関心がなかったベンチャーキャピタルも、ロボット分野のスタートアップに投資を拡大している。ロボット技術が新しい分野に応用され、技術発展スピードが高まっており、爆発的な成長を促す好循環な構造が作られはじめている。

その2.新しい国際的プレイヤーの浮上

伝統的に、ロボット大国と呼ばれてきたのは、日本、米国、そして少数のEU加盟国であった。しかし最近では、中国、韓国などロボット新興国が浮上している。特に中国が産業用ロボットの市場として顕著な動きを見せている。低コストで作った産業用ロボットを打ち出し、グローバル市場を牽引しようとする動きがある。また、中国DJI社は、グローバルドローン市場で圧倒的な活躍を見せている。

韓国は、米国国防省傘下DARPAが主催した災害対応ロボットコンテストで、米国、日本などを抜いて優勝した。スイス、オランダ、アラブ首長国連邦などなどの国では、人工知能、ドローン、ロボット分野に積極的に投資している。ロボットのグローバル化は、伝統的なプレイヤーのリーダーシップに、新たな課題を投げかけている。

その3.ハードウェアのコストダウン

ドローン、モバイルロボットプラットフォーム、マニピュレータなどの産業用ロボットの製造コストは民間セクターで大幅に減少している。加えて、ドローンとロボットの用途も拡大している。特に農業セクターは、ロボットと無人航空機(UAV)の重要な市場として浮上している。