米国際貿易局「フィンテック決済分野で1位は中国、日本は4位」

ロボティア編集部
ロボティア編集部
保険会社のフィンテック

 米国際貿易局はさらに、経済取引が実物貨幣から、電子マネーをはじめ、デジタル貨幣に推移しつつあるという点を、フィンテック発展の背景として指摘する。個人の消費生活のみならず、企業における国際間取引でも、為替の影響を受けず共通の通貨価値で取引が可能で、しかも手数料がほとんどかからないという点から、デジタル貨幣を利用する動きが広がっている。

 レポートではこのほかにも、自然災害などの状況下で金融サービスおよびシステムを正常に稼働させるためにも、フィンテック分野の発展が望まれるとして、その可能性を示唆している。