スマホ症候群の予防に?ウェアラブルデバイスで姿勢矯正

ロボティア編集部
ロボティア編集部

スマホ症候群_スマートヘルスケア
Photo by wareable.com

 近年、世界中で懸念されている「スマホ症候群」。スマートフォンやタブレットなど、電子機器を長時間にわたり同じ姿勢で操作することで起こる現代病を指す言葉で、眼精疲労やドライアイ、肩こりや首 凝り、手のしびれや伳鞘炎による肘や手指の痛みなど、その症状はさまざま。

 通常、スマートフォンは見下ろした体勢で操作をすることが多い。この時、頭の重さが首に負荷をかけているため、短時間なら問題なくとも、長時間続けることで筋肉への負担も大きくなる。つまり、従来とは異なる姿勢が原因で筋肉が張ってしまい、体に不調をきたすケースが多いようだ。

 さらに恐ろしいことに、知らない間にどんどん症状が進行し、首や肩こりを放置すれば頸椎椎間板ヘルニアにつながることもあるのだとか。本来ならば、頸椎椎間板ヘルニアはラグビーなど、首に負担のかかるス ポーツをする人に発症することが多いと言われている。ところが最近では、猫背や歩きスマホなどによる姿勢の悪さも、原因となりやすいことがわかっている。

 韓国のスタートアップ企業『ナム(NAMU Inc)」が開発したウェアラブルデバイス「アレックス(ALEX)」は、正しい姿勢をサポートしてくれる製品だ。こちらはソウル市にある、脊髄治療専門のモコリ韓方病院と共同開発された。

 同製品はネックバンド型ヘッドホンのように、耳にかけながら首の後ろに着用する。首にセンサーを取り付けることで、リアルタイムで首の角度や姿勢を分析し、一定時間偏った姿勢でいると、振動や警告アラームで 知らせてくれるというもの。また、専用アプリと連動させると、姿勢の変化の記録や、警告アラームを発するまでの時間やアラームのバイブレーションの強度が設定できる。

 姿勢の変化はリアルタイムで表示されるので、スマホ症候群だけでなく普段の自分の姿勢の猫背や歪みなど、あらゆるチェックにも適している。アレックスは今年2月、世界最大のモバイル展示会である「モバイルワールドコングレス(Mobile World Congress:MWC)」で公開され、好評を得た。現在は約1万4600円で販売されている。