スタイラーCEO・小関翼氏に聞くニューリテールとファッション・アプリ「FACY」

スタイラーCEO・小関翼氏に聞くニューリテールとファッション・アプリ「FACY」

Posted date:2018.11.08

■全知全能の筈だったアマゾンの限界...知らずに活用していたニュー・リーテル

「FACY」のプラットフォーム(スタイラー株式会社提供)

アマゾンは便利だ。本だけでなく、洋服をかけるハンガー、飲料水など、大抵のものは自宅に届けてくれる。大げさな物言いになるが、万能、全知全能感するあるアマゾンのサービス。ただ、そのアマゾンでも手の届かない、苦手の分野とするサービスがある。

その実例をここではまず、昭和生まれの本好きな自分が実感する、ユーザーとしてのアマゾン体験を通しシェアしたい。新聞の書籍広告か、書評欄で興味のある本を見つけても、昔と違って、すぐにその書籍名と著者名を書き取って、最寄りの書店に行くことをここ数年は全くしなくなった。大抵の場合、まずアマゾンで調べる。ベストセラーなど、テレビや新聞で何度も紹介されているような本、内容が確実に分かっている古典の名作などは迷わず、アマゾンを通し購入する。その一方で、価格が5千円以上する高価なもの、専門書の類いは必ず、書店に行き、手にしてから買うかを決める。アマゾンにも本の内容の一部を閲覧できるサービス機能がついているものの、やはり高価なものは手にした上でないと購入を決められない。流石のアマゾンも自分に代わり、本を手に取り購入を決めるか否かの判断はしてくれないからだ。

こうした体験をITに詳しい友人に話したら、「君は無意識のうちに、小売業におけるオンライン(EC=electronic commerce=電子取引)とオフライン(実店舗)の活動を統合したニュー・リテールの活用をしている」と言われた。

■日本で300店舗、台湾で220店鋪と提携しているFACY

小関翼氏(東京都渋谷区のスタイラー社本社にて撮影)

最初はネットで調べても、自分が買いたいものに100%の確信が持てない場合はやはり、手に取って見たくなるのが人情だ。それが高価なものとなれば、尚更、その傾向は強くなる。そんな消費者の求める、痒いところに手が届くようなサービスをスタイラー株式会社CEOの小関翼氏は、ファッション・アプリを通し実現する。顧客は同社が提供するファッション・アプリ「FACY」に、何が欲しいのかを投稿する。「職場にも着て行けるコーデュロイのズボンが欲しい」「オンオフで使えるバックが欲しい。でも、PCが入れられるもの」等々。顧客であるユーザーは自分が欲しいもの、求めるものを同社が運営する「FACY」 に書き込みの形で投稿する。

実際の品物を持っている店はこれに応える形で、自社のおすすめ品を提案する。顧客はアイテムを選び、色やサイズについて店側とやりとりした後で決めて、実際の店舗に行って買ってもいいし、自宅に配送してもらってもいい。「FACY」 を通し、店舗は顧客の要望に応える形で直接コミュニケーションを取りながら問題を解決していく。

2015年12月に立ち上がった「FACY 」は現在、1カ月に70万人が利用し、国内外の大手アパレルを含む300店舗が参加している。今年2月から展開を始めた台湾は、短期間ながら、すでに220店舗が参加しているという。小関氏は「殆どのユーザーはEC と実店舗を使い分けている」と話す。EC で買い物する時はシャツとか靴下とかいった2、3千円で買える安価のコモディテイ(汎用品)を買い求める人が、最終的に商品を手に取って購入することができる「FACY」のアプリを使い購入する場合は平均で2万円使うという。「これといった正解のない、抽象的なニーズを探しあてる為にお店に行く」と、小関氏は分析する。

だったら、最初からお店に行って、欲しいものを探せばいいじゃないかという議論も出てこよう。しかし、小関氏は「お店でのユーザーへの対応も改善の余地が大いにあり」と、ここで問題提起する。

「どこに何があるかはインターネット上からも分からない。だいたいが行ってみたところ勝負。電話して、店頭に並ぶ商品を問い合わせ、予約した日時に出向き、スムーズに商品やサービスが提供されるとか、お店にある商品を自宅に発送してもらうということは殆どの店舗でできない。でも、これもインターネットを使うことで可能になる」

顧客の要望、課題を解決することで直接コミュニケーションを取れる「FACY」のプラットフォームを使うことで、「インターネット上でもオフラインでやっているような顔の見えるコミュニケーションが可能になる」と小関氏は力説する。

1 2