持ち主を自動追跡するスーツケースetc…かばんのスマート化進む

持ち主を自動追跡するスーツケースetc…かばんのスマート化進む

Written by Shinji Ikematu

Posted date:2016.09.05


スマートスーツケース_IoT_R1

Photo by cowarobot


 最先端技術によってさまざまなものがIoT化している昨今、ついには「スマートスーツケース」まで登場した。Cowarobot社が開発したロボティックスーツケース「アールワン(R1)」は、自動追跡機能搭載型のスーツケースだ。

 自動で持ち主のあとをついてくる。もちろん、ただあとをついてくるだけでなく、搭載されたセンサー 「CO-EYE」によって、障害物や段差を避けながら移動するので、目を離していても安心。移動速度は最大7km/hだ。

 コントロール方法も特徴的だ。もし、アールワンを置いてその場を離れたとしても、専用ブレスレッドをダブルタップするだけで、経路を自動で算出し、持ち主の手元に戻って来る。アールワンから遠ざかった際には、ブレスレッドがバイブレーションで 警告してくれるので、置き忘れなども防げる仕組みとなっている。


 そのうえ、スーツケースのロックも専用ブレスレッドが解決してくれる。ロック部分にブレスレッドを近づけるだけで、自動的にロックが解除される。アールワンは大容量バッテリーを搭載しており、長距離の移動や旅行にも最適。また、容量は33リッターで十分な収納が可能となっている。

 本体の側面にはノートパソコンなどの電子機器を収納する専用ポケットまでついてい る。出張が多いサラリーマンをはじめ、子連れで大荷物を運ぶこと多い主婦などにもハンズフリーは大助かりだ。 同製品は、クラウドファンディングサービスの「インディゴーゴー (Indiegogo)」で資金を集い、今年の12月以降、約8万5千円にて販売される予定となっている。

1 2