Amazon エコーが大失態…「ニュースの声を注文と勘違い」誤発注殺到

Amazon エコーが大失態…「ニュースの声を注文と勘違い」誤発注殺到

Written by Pocca

Posted date:2017.01.12



 今回はおもちゃの注文にとどまったが、今後、より高価な製品が知らないうちに注文されて、決済までされてしまったら? 例えば一日中テレビで通販ショッピングチャンネルをつけておけば、大量の誤発注が発生することは想像に難くない。

 また、決済などが勝手になされる場合、セキュリティリスクも気になるところだ。昨年、アメリカの大手企業が大規模なサイバー攻撃にあった際、その侵入口としてIoT製品が使われたのは記憶に新しい。したがって、認証コードの設定などは必至であると言える。

 今年も、音声認識機能やAI秘書サービスは主要イシューとして注目されており、国内外では様々な人工知能音声秘書機能を搭載したスマート機器が発売される。一方で今回のような問題は、他の製品で発生しないという保障はない。

 スマート機器と家の中のスマート家電が連結され、場合によっては悪用される恐れがあり、思わぬ事故につながる恐れもある。これを防止するためには製造会社の努力が必要である一方、使用者も事故が起きないようにするため細心の注意が必要である。

【関連記事】AP通信が人工知能・ワードスミスを導入、ロボット記者の登場か
【関連記事】サムスン「ギャラクシーS8」搭載予定のAIアシスタント・Bixbyとは
【関連記事】LINEなどの会話から人工知能が予定管理…AIアプリ・C.VIEW
【関連記事】EXOや少女時代の声を搭載…SMが仕掛ける次世代AI音声端末とは
【関連記事】チャイナモバイルのAI顧客対応サービス「EVA」人件費大幅削減に成功
1 2

参照
cbslocal.com
mashable.com