ドローンのライバル出現!? 農作物を見守るロボット「ターザン」とは

ドローンのライバル出現!? 農作物を見守るロボット「ターザン」とは

Written by Jin Kodama

Posted date:2017.04.13


photo by youtube


 ターザンのように綱を渡るロボットが話題だ。米ジョージア大学のジョナサン・ロジャース(Jonathan Rogers)教授チームは、綱を器用に移動するロボット「ターザン(Tarzan)」を開発したと発表した。 

 もともとターザンは、農業を支援するロボットとして開発された。大規模な農場を管理するためには、作物の育成状況を把握する必要がある。ターザンは、作物が育てられている場所を中心に、ケーブルをつたって移動。作物の状態をカメラ映像で撮影・送信する役割を担う。データを受け取った農場管理者は、カメラ映像を収集・分析することで農作物の管理に役立てることができる。 


 最近、その手のデータ農業の担い手として注目を浴びているのは、飛行型ロボット・ドローンだ。しかし、作物のより近くに接近し正確なデータを得るためには、ターザンのようなロボットが必要だというのが研究チームの説明となる。 

 またロジャース教授によれば、ターザンのようなロボットであればエネルギー効率が高めることができると説明している。現在、ターザンにはバッテリーが搭載されているが、ゆくゆくは太陽光パネルを取り付ける計画だそう。そうなれば、非常に低コストな農業用ロボットが誕生することになる。ドローンにとっては、ライバルの出現と言えそうだ。

参照
theverge.com
theengineer