韓国ロッテがレジなし店舗「スマート・ショッパー」採用...小売業界の変革を主導

韓国ロッテがレジなし店舗「スマート・ショッパー」採用...小売業界の変革を主導

Written by Pocca

Posted date:2017.05.22

photo by lotte

 小売業界では人工知能やビッグデータを活用した「スマート化」が注目され、新たなコンセプトやビジネスモデルが次々に打ち出されている。しかし実店舗では、消費者が商品を購入して持ち帰るという本質的なプロセスに変化がなく、業務環境や外部周辺の環境に対してのみスマート化が行われているという側面があった。

 しかし昨年には、韓国で次世代型ショッピングモデルを反映した実店舗がついに登場。一方、米国ではすでに「レジなしスーパー」が話題を集めており、今後、小売業界に変革の風が吹きそうな気配だ。

 2016年10月、韓国のSKテレコムは、ロッテ百貨店盆唐店で、レジなしショッピングと銘打った「スマート・ショッパー」および周辺システムを商用化した。

 ロッテ百貨店のスマート・ショッパーを利用するには、まずロッテのメンバーズカードが必要。このメンバーズカードを店頭入口にある端末に通すことで個人情報を読み取る。なお、端末にはスキャナーのような端末機器がセットされており、カードを通すと、電子パネルには個人情報の読取や利用方法の案内、配送不可商品に対する案内事項が表示される。

 ここで、すべての案内事項に「同意」ボタンを押すと、準備完了。顧客はこのスキャナーを手に取り、商品のバーコードをかざしながらショッピングを進めて行く。店内には複数の電子パネルが多数設置されており、自身が購入した商品をいつでもリアルタイムで確認できる。

 商品を選択したあとの決済もまた、設置された端末で行う。現金またはカード決済によって支払った後、日にちや時間を指定した上で自宅への配送が可能だ。

1 2 3

参照
world.kbs
hankyung.com
dtoday