ピラミッド内部の”未知の部屋”をロボット飛行船が捜索...プロジェクト「スキャンピラミッド」始動

ピラミッド内部の”未知の部屋”をロボット飛行船が捜索...プロジェクト「スキャンピラミッド」始動

Posted date:2017.12.15
Photo by Youtube

ロボット飛行船をエジプトの巨大なピラミッドの中に送り込み、内部にあると推定されている“秘密の部屋”を探索する研究プロジェクトが進められている。

11月、エジプト・カイロ大学とフランスHIP研究所は「ミューオン映像化(muon imaging)」の技術を活用し、クフ王のピラミッドである「ギザの大ピラミッド(Great Pyramid of Giza)」の内部空間を探索する「スキャンピラミッド(ScanPyramid)」プロジェクトを進めることを発表した。ミューオン映像化技術は、空間と岩のような物体間にあるミューオン検出量が異なることに着目して開発された技術である。

問題は、ピラミッドの内部を探索するためには、穴を掘削しなければならないということだ。 2002年、エジプト学の専門家たちは、ロボットメーカー・iRobotに依頼して特別なロボットを製作した。同ロボットは、ギザの大ピラミッド内「女王の部屋」の近くにある小型の垂直通路に投入された。研究チームは、ドアを開く際に遺跡が損傷を受けることを懸念し、ロボットで小さな穴を開けようにした。そして、そこからカメラを挿入。部屋の内側にもうひとつのドアが存在する事実を確認した。

プロジェクトチームは、フランスの研究機関であるInriaとCNRSと協力して、他の探索方法も模索している。ピラミッドに3.8cmの穴を開け、ロボット飛行船を投入するというものだ。ロボット飛行船は、チューブ形の長い管に入って内部に投入される。内部に到着した後、ヘリウムガスを吹き込んでロボット飛行船を膨らませると、飛行できる形に変わる。棒状の長い管は全方向の撮影が可能なカメラを搭載しており、ピラミッドの中に入って内部の写真を撮影することができる。

ロボット飛行船は、直径80cmで、ピラミッド内部を飛行しながら、内部構造を把握することができる。モーター、センサー、照明、カメラ、ナビゲーションシステムを備えており、ペイロードは50gだ。

1 2