ウォルマートがネット予約した食料品を店舗でピックアップする「アルファボット」をテスト中

ウォルマートがネット予約した食料品を店舗でピックアップする「アルファボット」をテスト中

Posted date:2018.08.11

ピックアッププロセスがより効率的になれば、顧客がオンラインで発注する際に到着時間まで指定することができるようになる。ウォルマート側は2018年末には、アルファボットをオンラインで利用することができると説明している。ピックアップロボットが完全に稼働した状態かは定かではないが、セイラム店の買い物客は10月1日からオンラインで食料品をオーダーできる予定だ。

セイラムの店舗は、ウォルマートの新技術の実験場となっている。改修後、オンライン購入のための「ピックアップタワー(Pickup Tower)」、在庫がない商品のための「自動旋盤スキャナー」、商品をトラックに移す際に支援してくれる「ファーストアンローダー」、モバイルPOS「チェック・アウトウィズ・ミー(Check Out With Me)」などが稼働している。アルファボットは、パイロットプログラムにより成果が確認され次第、正式導入となる見通しだ。

1 2