5000人の逃走犯を検挙した中国 Face++の顔認識AI...その原点はゲームアプリだった

5000人の逃走犯を検挙した中国 Face++の顔認識AI...その原点はゲームアプリだった

Posted date:2018.08.21
Photo by Face++ HP

2011年当時、清華大学の学生だった唐文斌は、同期二人とともに人工知能(AI)の会社を設立する。後に中国を代表する企業へと成長するFace ++(旷视科技)である。

唐文斌は浙江省紹興出身で、幼い頃から「コンピュータの天才」と呼ばれて育った。全国情報オリンピアード大会を総なめにし、高校2年生の時に推薦で清華大学に入学する。中国メディアは、先天的な才能を持って生まれた唐文斌が、清華大学の姚期智教授の専門的な教えを受け、人工知能業界をリードする人材に成長したと分析する。

2010年、唐文斌はマイクロソフトのアジア研究院で実習を行っていた際、横のチームに所属していた印奇と知り合いになる。唐文斌は当時、人間と同様に物事を認識するスマート機器が出現する予測しており、ビジョン認識やセンサーの重要性を感じていたが、印奇もその考えに深く共感したという。二人は構想を具体化・商品化すべく、十分な時間を使う。印奇はフランスに留学。一方の唐文斌は大企業でのノウハウを蓄積する。

その後、AI企業を創業する決定的なきっかけとなったのは、唐文斌と印奇が開発した「Crows Coming(乌鸦来了)」というゲームだった。顔認識技術を活用した同ゲームを運営する過程で、Face ++の共同設立者のひとりである杨沐が合流する。

Crows ComingはApp Storeの中国無料アプリランキング3位となり、多くの投資家からラブコールが集まった。そのうちのひとつである投資管理会社・联想之星は、人工知能の未来を有望と判断。三人の青年に創業のための投資を決定する。

Face ++が本格的に世間の注目を集め始めたのは、2015年3月にドイツで開催されたIT博覧会の会場だった。アリババのジャック・マー氏は、「顔認識決済」を実演してみせたが、その技術を開発した会社がFace ++であるという事実が知られたからである。

98%の精度を誇るとされたFace ++の顔認識技術には、金融機関から熱い視線が集まった。現在、Face ++は中国平安銀行、中信銀行、江蘇銀行などに身分確認サービスを提供している。

1 2