サービングロボットに追い風...Puduが食品配達アプリ大手から1500万ドル調達

ロボティア編集部
ロボティア編集部
Photo by PuduRobotics HP

中国・深センに拠点を構えるPudu Roboticsが、中国最大の食品配達アプリ・メイトゥアン(美团)から1500万ドルの投資誘致に成功したことが明らかになった。Pudu Roboticsは、サービングや食器を回収するサービスロボットを開発している。

Pudu Roboticsは、世界20カ国、200都市にすでに製品を供給している。韓国最大の食品配達アプリ「配信の民族」を運営する優雅な兄弟たち(社名)も、同社サービングロボット「dilly」(ディリー)のレンタルプログラムを活用している。

ディリーはレストラン専用の自律移動型ロボットだ。一度に最大4卓のテーブルまで料理や食品を運ぶことができる。最大積載重量(ペイロード)は50kgだ。店員が棚の上に料理を置いてテーブル番号を入力すると、障害物を避けて最適なルートでサービングを行う。中国および韓国では、新型コロナウィルスに感染した患者を収容する病院でも、食事の配膳目的で使用されている。

Pudu Roboticsの張涛CEOは、非対面技術の安全性と自動化の利便性を強調。自社のサービングロボットが、コロナパンデミック以降のデジタルコンタクト時代に適した商品であると説明している。現在、世界各国の飲食店ではサービングロボットの導入、また投資が相次いでおり、サービスロボット市場を牽引するキラー製品となっていきそうな気配だ。