Google、フォードと提携して自動走行車を開発か

ロボティア編集部
ロボティア編集部

グーグルカー
photo by Google

 米自動車専門メディア・オートモーティブニュース(automotive)などは22日、自動走行車開発のために、Google(グーグル)が自動車メーカー・フォードと協力する案を議論していると報じた。議論が進めば、来年1月に米ラスベガスで開催される世界最大の家電展示会「CES 2016」で発表されると予想される。

 Googleの関係者はフォードと協力説について言及していない。だが、いくつかの自動車会社と協議しているのは事実だと明らかにした。フォード側は肯定も、否定もしなかった。フォードのアラン・ホール広報担当は「私たちは世界中の多くの技術企業と協力しており、これらの議論は競争的な理由のために非公開で進められている」と述べている。

 Googleは昨年7月に、フォードCEO(最高経営責任者)から退いたアラン・ムラーリー(Alan Mulally)氏と、フォードで14年間勤務し、現代自動車の米国販売法人代表を務めたジョン・クラプチク(john krafcik)ら2人の元フォード役員を迎え入れた。ムラーリー氏はGoogleの理事会に合流しており、クラプチク氏は自動走行車プロジェクトの代表として活動している。

 Googleは2020年までに無人自動車を商用化するため、今年初めから世界的自動車メーカーのほとんどと開発について議論を開始しており、自動車部品サプライヤーでチームを構成した。ブルームバーグによると、Googleは自動走行車の事業部門を、親会社アルファベット傘下の独立子会社として分離するものと見られている。去る6月には、小型無人車のテスト走行を開始した。

 フォードは、研究開発センターで自動走行車のソフトウェアを開発しているが、これまでGoogleやAppleなどの企業と協力する可能性があるとしてきた。フォードのマーク・フィールズCEOは最近、メディアのインタビューに対し「私たちは、私たちがすべてできると思うほど傲慢ではない」とし「連携が非常に重要である」と述べた。

 Googleとの提携は、フォードの自動走行車技術を発展させるのに寄与するものと予想される。フォードは来年、自動走行「フュージョンハイブリッド」のテスト走行を行う計画だと、今週発表した。またフォードの関係者は、4年以内に自律走行車が完成することを期待しているとも明らかにしている。