CES2016、インテルがドローン、ウェアラブルなど新産業に意欲

CES2016、インテルがドローン、ウェアラブルなど新産業に意欲


Posted date:2016.01.07


ブライアン・クラーザーニッチ

photo by mediaonlinevn.com


 これまでPC、半導体市場を席捲してきたインテル(intel)が、ドローン、ロボット、拡張現実(VR)、ウェアラブル分野への進出のスピードを早めている。5日、米ラスベガスで開かれたCES 2016では、インテルの新しい変化が注目を浴びた。

 海外メディアの報道によると、インテルはCES 2016の舞台でポータブルドローンや立ち乗りスクーター、ウェアラブルおよび拡張現実など、さまざまな分野の製品や技術を一挙に公開。同日、講演のステージに立ったブライアン・クラーザーニッチ(brian krzanich)CEOが、それら新製品と、この期間の経営成果について説明した。

 クラーザーニッチ氏は、世界の未来の姿と3つのトレンドを要約して説明した。まず、「スマートに接続された世界」、第二に「人間と同じような感覚を持つ技術」、最後に「超個人的なコンピューティング技術」である。

 講演で公開された製品のなかで最も注目を集めたのは、ボタンを押すとロボットに変身する立ち乗りスクーターだった。インテルが披露した立ち乗りスクーターロボットは、スマートホーム環境でさまざまな機能を実行できるように開発されたオープンプラットフォームロボットだ。音声認識機能やカメラ機能を通じたストリーミング動画機能を備えており、また周辺の障害物を避けて簡単に動くことができる。

 同ロボットプロジェクトは、開発者が簡単に関連プログラムや機能を開発できるようオープンフレームワークで進められる予定である。インテル側は、今年下半期に開発者を対象にしたバージョンを公開する計画だとしている。

 クラーザーニッチ氏は「我々はこれが新しい生態系のはじまりだと信じている。ロボットがオープンプラットフォームになり、有用なパートナーになる」と強調した。

1 2