新たな可能性を秘めたソフトロボット、その特徴とメリット

新たな可能性を秘めたソフトロボット、その特徴とメリット


Posted date:2016.03.11


セシリア・ラスチ_CecilliaLaschi

CecilliaLaschi photo by dorcasmedia.com


 従来のように硬い素材ではなく、柔らかい素材で作られたロボット=ソフトロボットが次々と開発されている。

 科学紙「ネイチャー」によれば、ソフトロボットという概念が登場したのは2007年頃だという。世界で初めてタコ型ロボットの研究を開始した、ロボット工学者セシリア・ラスチ(Cecillia Laschi=イタリア人女性)は、ネイチャーニュースに対して「私が初めてタコを使って研究を始めたとき、人々はなぜそのような研究をするのかと尋ねた(中略)ですが今後、研究が成功すれば、非常に多くの分野に応用されると確信している」と述べている。

 現在、タコだけでなく、幼虫やクラゲ、ヤツメウナギに至るまで、様々な軟体動物の動作を真似る、ソフトロボットの開発が試みられている。


 きたる2016年4月29日から30日までの2日間には、イタリアの港町「リヴォルノ」で、世界初となるソフトロボットコンテストが開催される。名称は第1回「ロボソフトグランドチャレンジ(The RoboSoft Grand Challenge)」。

 EUの「7次フレームワークプログラム」の資金支援を受けて行われるもので、イタリアのバイオロボティクス研究所、英ケンブリッジ大、ブリストル大学などの専門家を中心に組織委員会が設けられた。障害物競争、水中レース、物体取り扱いなどの部門で競争が行わる予定だ。


1 2

参照
youtube
roboteer
robosoftca.eu