【ドローンビジネス】DroneGames社・黒田潤一代表インタビュー

【ドローンビジネス】DroneGames社・黒田潤一代表インタビュー

Written by 河鐘基

Posted date:2016.03.15

ドローンゲームス_黒田氏
photo by DroneGames

―読者からの疑問でもあると思うのですが、現在、市販されているドローンの性能というのはどれほどのものなのでしょうか。日本では墜落などのニュースが先行して、ネガティブなイメージもあるかと思います。今年、ドローンの機体性能はどのように発展していくとお考えでしょうか

 いろいろなドローン製品を取り扱ってみて思うのは、その進化がものすごく速いということです。現在、スマートフォン端末であるiPhoneには4Kカメラが搭載されています。しかし、そこにたどり着くまでに何度もバージョンUPを経ています。

 一方、ドローンは新機種が発表されたり、シリーズの新バージョンが発表されるたびに、スペックが格段に高まってる。例えば、障害物などを避けるいわゆる“衝突回避機能”などは、来年や再来年に登場すると予想していたのですが、2016年中には実装される可能性が非常に高くなっています。

 対象追跡機能などは昨年の段階で実装されている製品が多かったですし、その他にも、ユーザーが利用したくなるような機能がどんどん追加されています。2016年には、そのスピードがさらに早まるのではないかと予想しています。

―機能が次々に追加されることになると、コンサルティングサービスを提供するDroneGames社としては、非常に大変ではないかとも思うのですが(笑)

 そうですね(笑)ただ弊社としては、ドローンにより多くの機能が搭載された方が、クライアントの皆様にとってはメリットが大きいと考えています。個人的にも、機体の性能がどんどん上がり、ビジネスとして取り組める範囲が広がるのは嬉しい限りです。

 また同じ機能でも、その精度は日を追うごとに高まっています。例えば、さきほど申し上げ自動追跡機能は、ほぼほぼ完ぺきな技術が出てきている。今後は、対象を追跡するのと同時に、木など障害物をよける機能の精度が高まっていくと考えられます。

1 2 3 4

参照
dronegames