インダストリー4.0、ドイツでスマートファクトリーの需要高まる

ロボティア編集部
ロボティア編集部

ボッシュ・レックスロスlinkedin
photo by linkedin Bosch's page

ドイツでスマートファクトリーの需要が高まっている。

「スマートファクトリーに代表されるインダストリー4.0、第4産業革命の波が激しく起きています。ドイツだけでも、今年から2025年までに創出される可能性がある付加価値は800億ユーロ(約11兆円)に達すると予測されています」

そう話すのは、ボッシュ・レックスロス社産業用品国際営業部門長エーリッヒ・ロッツ氏だ。ロッツ氏は、「我々は、グローバル企業ボッシュの子会社のひとつとして、主に工場の自動化と関連した製品や技術を開発する企業」と自社について説明。「グループ全体で見たときに、4万5600人の研究者が一日平均18件の特許を出願するほど革新的な企業であり、技術を重視する」とその企業としての力を紹介したと欧米メディアが報じた。

またロッツ氏は、ドイツ連邦情報通信ニューメディア協会(BITKOM)の調査結果を引用し、「2025年までにドイツでは、このトレンドに沿った付加価値の創出額が、自動車部門150億ユーロ(約2兆400億円)、一般産業部門230億ユーロ(約3兆1280億円)、電気・電子部門120億ユーロ(訳1兆6320億円)に達するだろう」と、取材に訪れたメディアに対して話している。

ドイツ企業の研究所、大学がスマートファクトリー関連技術と装置開発に積極的に乗り出している。大企業・中堅・中小企業を問わず、この分野に参入しており、応用技術のメッカ・フラウンホーファー研究機構とアーヘン工科大学、カールスルーエ工科大学などほとんどの工科大学も技術開発に乗り出している。ロボットメーカー・KUKA(ロボットを通じた工場自動化)、レーザー加工企業・トルンプ(レーザー加工機のネットワーク化)、電子部品メーカー・フェニックスコンタクト(柔軟な生産システム)などの企業が代表例だ。

また、シュトゥットガルトのフラウンホーファーIPA(自動化)。ドルトムントのフラウンホーファーIML(物流)、アーヘン工科大学(生産合理化)、ブレーメン大(自動物流システム)なども技術開発に注力している。このほか、ベルリンのフェルディナント・ブラウン研究所、ミュンヘンの国立科学技術アカデミーとBMW、ドレスデンのSAP未来研究所なども合流。彼らはスマートファクトリーのコア技術であるセンサー、ロボット、人工知能、ソフトウェア、セキュリティ技術などを分業・協業により開発中である。