うつ病や恐怖症に仮想現実(VR)を治療に応用する研究が進む

ロボティア編集部
ロボティア編集部
うつ病_バーチャルリアリティー
photo by University College London

 なお、「心的外傷後ストレス障害(post-traumatic stress disorder)」のような疾患を治療する際には、外傷と関連する状況に慣れさせる「疑似体験治療(prolonged exposure Therapy)」という方法があり、医学的に不安を減少させる効果があると認められている。

 仮想現実がその疑似体験治療に活用される場合、治療効果がより早く現れるだろうというのが関係者たちの見解だ。患者自身が仮想現実であること知っていれば、治療前より恐怖心が大きくなるなどの副作用、逆効果も半減するという分析である。

 ロンドン大学の研究チームはまた、今年初めから、バーチャルリアリティーを通じたうつ病(depression)の治療テストを行っている。目標としては、患者自身がうつ病の原因を見つけるように後押し、また病を抱えている患者が自分自身を責めるということを、可能な限り減らしていくというものだ。

 治療の具体的な方法としてはまず、仮想現実のなかで患者を泣いている子供の前に立つようにする。ある程度時間が経過した後、状況を変え、今度は自分が泣いている子供の役割を演じるようにする。その過程で、患者らは子供に向かって可憐さを感じる。つまり思いやり(compassion)を持つようになる。

 英国の心理学会誌によると、ロンドン大学研究チームは、そのバーチャルリアリティーを使った治療法で、15人のうち9人の患者の症状が改善を見せたと記録している。もちろん、その治療法が完全という訳ではないが、一部の患者にとっては有効だということになりそうだ。