サムスンが人工知能スタートアップ投資で世界4位に浮上

サムスンが人工知能スタートアップ投資で世界4位に浮上

Posted date:2016.06.28

AIスタートアップ投資の状況_サムスン2
photo by samsung venture investment

 ここ最近、M&Aに積極的な動きをみせているサムスン(samusung)だが、人工知能(AI)スタートアップ投資部門で、世界4位の水準に名を連ねていることが明らかになった。

 6月27日、スタートアップ情報企業であるCBインサイツ(CB Insights)によれば、2011年から今年5月16日までの約5年間、サムスンベンチャー投資(samsung venture investment)は、7つの人工知能スタートアップ企業に投資してきたという。

 これは、インテルキャピタルとグーグルベンチャーズ、GEベンチャーズなどに続き、4番目に多い投資となる。なお、サムスンベンチャー投資は、1999年にグループ内の4つの系列会社が出資し設立されたベンチャーキャピタル。同集計の対象は、企業投資家(corporate investor=他の会社に投資して経営権を得ている会社)となる。

 サムスンは昨年8月、ワイプロベンチャーズ(Wipro Ventures)とともに、AIロボットスタートアップであるヴァイキャリアス(Vicarious)に2000万ドルを投資した。また昨年11月には、サムスン戦略イノベーションセンター(SSIC)傘下の、サムスンカタリストファンド(Samsung Catalyst Fund)が主導し、ベルギーのスタートアップ・センティアンス(Sentiance)に520万ドルを投資している。

 センティアンスは、ユーザーが望む位置や時間に適した、正確な情報ネットワークサービスを提供する、環境知能(ambient intelligence=アンビエント・インテリジェンス)企業だ。その他にも育児を担当する「ママロボット」を開発中のスタートアップ「ジーボ(Jibo)」に2530万ドルを投資した。マシンラーニング会社であるマルーバ(Maluuba)には、 2012年に200万ドル規模のシードファンディングに乗り出した。

 サムスンは今月に入って、米国のクラウドサービス企業であるジョイエント(Joyent)や、カナダのデジタル広告会社であるアドギア(AdGear)を買収するなど、素早いM&Aの動きを続けている。

1 2

参照
cbinsights.com
news.einfomax