自動車メーカー・ヒュンダイがウェアラブルロボット開発に注力

ロボティア編集部
ロボティア編集部

 世界的に見れば、競合他社も未来型移動手段としてのロボットに注目している。ロボット技術は、そのまま未来型自動車の開発に活用・応用が可能だ。例えば、ロボットに適用されている認知・制御・判断などの技術は、自動車にも適用される技術だ。

 自動車業界の関係者は、「ロボットの人工知能が車に適用されれば、自ら考えて、人間との相互作用する最適な無人カーに一歩近づく」と指摘している。